2015年04月20日

読書会に参加してみると・・その2

シルバーバーチの霊訓には妻が今 がんの痛みから解放されて、霊的世界で幸せにしていることを言ってくれています。
私は妻が幸せにしていることが書いてあるところばかりを霊訓から探して、そこばかりを読んでいました。
「そうか チアキ(妻の名)は今幸せなんだ。」この事を知ったことは私にとってとても救いになりました。

シルバーバーチの霊訓を読んでいても、妻を思い出して泣けてくることもあります。
そんな時は
「チアキは今は幸せなんだよね」と何回も唱えながら悲しみを乗り越えようとしていました。
しかし 私の周りにはこの事を知っている人は誰ひとりいません。
ですから この事を私は誰に言いませんでした。

ある日 会社のある方からこんなことを言われました。
「小林さん 休みの日何をしているんですか?
家に閉じこもっているんですか?出かけないとダメですよ。」

その言葉が妙に気になって、家に帰ってから、何気なく
「シルバーバーチ読書会」とパソコンで検索していました。
ほとんど無意識に検索していました。
「あ、関西に二つも読書会がある。」

結論から言います。
私はこの二つの読書会に参加することにしました。
そして 読書会に参加して一番嬉しいことを言います。
それは
参加者全員が亡くなったチアキが霊の世界で幸せにしていることを当たり前のように思っていることでした。

「妻は霊界で幸せにしているんですかね」
「あたりまえでしょう 奥さんは幸せにしていますよ。そして 小林さんを見守っていますよ。」

嬉しかったです。










posted by コバチャン本舗 at 18:59| Comment(0) | 関西シルバーバーチ読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。