2015年05月25日

2年後にスピリチュアリズムは霊界主導の地球人類救済活動であることに気がつく。

2015年5月、妻の他界から2年たった今



2015年5月18日に撮影しました。
2013年4月28日から2年たちました。

2年前は突然襲ってくる悲しみから毎日のように号泣していました。
毎日の号泣は1年後の2014年の5月初めに突然 終わりました。

2014年の秋から読書会に参加したのですが、ここからいい出会いがたくさんありました。

そして 「スピリチュアリズムは高級霊界主導の地球人類救済プロジェクト」と言うことに気が付きました。
さらに、私はそのプロジェクトの道具にならなくてはいけないという事を強く思うようになりました。
そうでないと 妻が亡くなって私が霊的真理に導かれた意味が無くなってしまいます。

私は今 同じ思いの同行者から勇気をたくさんいただいています。
その同行者と各自の個性にあった利他愛の実践を行っていこうと思います。


posted by コバチャン本舗 at 07:03| Comment(0) | 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。