2015年06月22日

「スピリチュアリストは動物を食べない」その3・神の摂理に沿う

以前「スピリチュアリストの『道具意識』について」と言うテーマでブログを書いた時に私のこの2年間の霊的真理に対する変化をまとめてみました。

もう一度 確認しますね。

妻の他界
 ↓
死別の悲しみに苦しむ
 ↓
霊的真理との出会い
 ↓
霊的真理に救われる
 ↓
霊的真理は自分が
救われるためだけにある
のではないことに気がつく
 ↓
スピリチュアリズムとは
「霊界主導の地球人類救済プロジェクト」
という事を再認識する
 ↓
このプロジェクトに参加しようと決心
 ↓
このプロジェクトに参加するために
霊界の道具になる決心をする


前回のブログで去年の夏に突然のひらめきで肉食をやめる決心をしたお話させていただきました。

「肉食をやめる決心」をしたあとに

「霊的真理は自分が
救われるためだけにある
のではないことに気がつく
 ↓
スピリチュアリズムとは
『霊界主導の地球人類救済プロジェクト』
という事を再認識する」

という段階に入っていたのだと思います。

 霊的真理で救われた私がこの後の人生でしなくてはならないこと。
それはこの霊的真理を他の方に手渡して、霊的無知のために苦しんでいる方の少しでもお役に立つことです。
「霊界主導の地球人類救済プロジェクト」に参加することです。

 それを実行していく前に神の摂理である「動物を食べない」と言う事を自ら実践する必要があったのですね。

下記は「スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ」からの言葉です。

その中に私に必要な言葉がありました。
「魂は辛い体験、試練、苦難のるつぼの中で真の自我に目覚め、純化され、強化されて、より大きな人生の目的と意義を理解する素地が培われるのです」

私の「より大きな人生の目的」のためのスタートが「動物を食べない」ということだったのかもしれません。

(ここから)

「大きな悟りは大きな悲しみから生まれるものです。
人生は“埋め合わせ”の原理によって営まれています。
日陰のあとには日向があり、嵐になれば避難所が用意されます。
光と闇、嵐と晴天、風と静寂――こうしたものはすべて大霊の配剤なのです。
大霊は生命活動の全側面に宿っております。
闇があるから光の有り難さがわかるのです。
争いがあるから平和の有り難さがわかるのです。
人生は比較対照の中で営まれています。
魂は辛い体験、試練、苦難のるつぼの中で真の自我に目覚め、純化され、強化されて、より大きな人生の目的と意義を理解する素地が培われるのです」

(ここまで)

つづく



posted by コバチャン本舗 at 05:35| Comment(0) | 肉食しない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。