2015年06月27日

「スピリチュアリストは動物を食べない」最終回・理由3――貧しい人々を虐待し人類愛に反する

今回が「スピリチュアリストは動物を食べない」の最終回です。


「スピリチュアリズム・ニューズレター 27号」にはなぜ肉食が間違っているかが書いてあります。

肉食の間違いの4つの理由

理由1――神が与えた動物の生存権を奪い取る
理由2――動物に対する利他愛の欠如
理由3――貧しい人々を虐待し人類愛に反する
理由4――人間の霊的成長にマイナスの影響を与える

神の摂理からすると動物の生存権や動物愛護のことの理由1、理由2が肉食の間違いの正当な理由でしょう。
霊的成長がこの地上界に降りてきたことを考える理由4の霊的成長にマイナスなことはよくないのもわかりますね。

この理由3は物質的な原因と結果の関係で、私が動物を食べているために多くの人たちが飢餓で苦しみ、餓死していくとは思ってもいませんでした。

ですから 私は本来の理由であろう理由1や理由2よりこの理由3の方がショックでした。

普及会の下記のニューズレターを肉食をやめた後にじっくり読みました。

この文章は普及会の文章の中でとても衝撃をうけたものの一つです。

下記に全文を乗せたいと思います。

肉食をやめるかどうか 悩んでいるかたは是非 読んでほしい文章です。

「スピリチュアリズム・ニューズレター 27号」より

(ここから)

肉食の間違いの3つ目の理由
貧しい人々を虐待し人類愛に反する


大地の恵みの「不公平な分配」と、「飢餓の問題」

肉食が間違っている3つ目の理由は、神が与えた大地の恵みを公平に分配せず、一部の人間に独占させ、その結果、多くの人々を苦しめることになっているからです。

 肉食は、毎日の最低の食事さえも事欠くような「貧困な人々をつくりだす最大の原因」となっているのです。肉食は一部の人々のエゴ的快楽を満たしますが、それと引き換えに、「地球レベルでの貧困と飢餓」という深刻な問題を引き起こすことになります。
肉食は、利他性・共利共生という神の摂理を根本から崩し、地球全体を利己的な生活の場所にしてしまい、人間の利己性をさらに増幅させることになっています。

 神は、地球上で生活するすべての人々に十分に行き渡るだけの生産物を与えています。
現在、地球上に住む63億の人々が誰一人、飢えて死ぬことがないだけの大地の恵みをもたらしています。
地球上に生を享(う)けた神の子供である人間は、決して飢えて死ぬようなことがあってはならないのです。

 しかし現実には、63億の地球人類のうち、4分の1以上の人々が十分な食料を手に入れることができず、飢えの状態で毎日を過ごしています。
霊界の人々にとって、こうした地球上の飢餓は、最も心を痛める問題です。
神から与えられている大地の産物は、地球人のエゴイズムの支配下で平等に分配されず、特定の人々にのみ集中するようになっています。
食料はお金のある先進諸国の人々に優先的に回され、貧しい国々の人達には行き渡りません。
現在の地球には、このような大地の産物を不平等に扱い、不平等に分配するシステムができ上がっています。そのために貧しい人々の中から、飢え死にする人間が出てしまうのです。

物質文明・科学文明がこれほどまでに進歩した21世紀の地球にあっても、神から与えられた食料を公平に分配するという、ごく当たり前のことができずにいます。
先進諸国の多くの人々は、有り余るほどの贅沢な食事をし、食べ切れずに残して捨てるといった愚かなことを平気でしています。贅沢三昧の食生活の結果、肥満になって病気で苦しむことになっています。

 そうした現実の一方で、毎日の食事にさえありつけず、骨と皮だけになって飢え死にしていく多くの子供達がいます。
これは明らかに利他愛の世界から遠く懸け離れた矛盾以外の何物でもありません。
地球はエゴに支配された、まさに地獄的世界なのです。

肉食は、大地の恵みの不公平分配の最大の原因

 さて、このように大地の産物が公平に分配されなくなっている大きな理由は、大地の恵みである穀物が家畜の餌(えさ)に回されているからに他なりません。
先進諸国の人々は、穀物をそのまま食料にするのではなく、穀物を家畜に餌として与え、その肉を食べようとします。
つまり自分達が肉食をするために、大地の恵みを家畜の餌として浪費しているのです。
家畜の肉を生産するためには、その何倍(*10〜20倍という説を唱える学者もいます)もの穀物が必要とされます。これは「たいへんな穀物の無駄づかい」です。「犯罪的な浪費」というべき愚行を犯しているのです。

 もし、米国人と日本人がいっせいに肉食を止め、その分の穀物を他の貧しい国々に回せば、地球上から飢えの問題はいっきに解決することになると言われています。たったそれだけのことで地球上から飢えて死ぬ人間がいなくなるのです。

(ここまで)

利他愛 利他愛と言いながら 肉食をしている人は自分のエゴが餓死の原因となっているのです。

さらに普及会の厳しい言葉が続きます。

(ここから)

肉食は人類愛に反する行為

こうした肉食が引き起こす悲劇が理解されるようになれば、常識的な思いやりや同情心を持っている人間なら、平気で肉食を続けることはできなくなるはずです。
肉食に対して、強い心の痛みを感じるようになります。
目の前に飢えて死んでいく人間を見て、自分だけが贅沢三昧な食事をすることなど、到底できなくなるでしょう。
しかし現実には、飢え死にする人間を見殺しにするのと等しい冷酷なことが堂々と行われているのです。

これは地球全体が“利他愛”という神の摂理から、最も遠いところにあることを示しています。
自分より恵まれない人、自分より貧しい人に手を差し伸べることは利他愛の当たり前の行為ですが、それとは全く反対のことが、多くの地球人によって日常的に行われているのです。

現在では、少しでも人々の役に立ちたいという純粋な動機からボランティアに携わる人間が増えてきました。それ自体はとても嬉しいことなのですが、残念なことに、そこにも矛盾が見られます。困った人々のために尽くすという利他愛の行為をしながら、その一方で肉食をするという相反したことをしているのです。

一般の人々は、肉食が人類愛に反することだとは気がつきません。
間接的ではあっても、貧しい人々への虐待に手を貸す結果になっていることには理解が及びません。
しかし、今述べてきたように肉食は、現実に人類愛に対する根本的な欠如と深く係わりがあるのです。
多くの人々は、いつの間にか、知らずしらず大きな利己主義の当事者になってしまっています。

地上人類が肉食を止め、神が与えてくれた大地の恵みを食料とするとき、人間は初めて地球規模で人類愛を確立することができるようになります。
肉食をしながら、その一方で人類愛を説くことは矛盾しています。
肉食をしながら、環境問題を説くこと、人権問題を論じることは大きな矛盾なのです。

(ここまで)

この文章をいま改めてみるとはっきりと確認しました。。

「スピリチュアリストは動物を食べてはいけない」

最後までお読みいただきありがとうございました。


posted by コバチャン本舗 at 06:46| Comment(0) | 肉食しない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。