2015年07月20日

「スピリチュアリズムの全体像 その1」関西シルバーバーチ読書会

 2015年7月18日(土)午後1時30分から神戸で開催された「関西シルバーバーチ読書会」に参加いたしました。
今回のテーマは「スピリチュアリズムの全体像」です。

 霊的真理に出会ったきっかけは人それぞれです。
事業に失敗した方 会社が倒産した方 お子さんが亡くなった方 配偶者が亡くなった方などなど。
また 人生ってなんだろう、生きるってなんだろうなどなどをずっと悩まれている方もいらっしゃるでしょう。
読書会に参加されている方が20名いらっしゃれば、20通りのきっかけがあるのでしょう。

 





 
霊的真理に出会った当初はその中で自分を癒してくれる、自分を救ってくれる文章だけを読んでいます。
その文章だけを一生懸命探してその文章だけを読み 全体を理解しようとはなかなか思いません。

 私の場合は妻の他界が霊的真理に出会うきっかけなので死後の世界の部分だけを探して読んでいました。
妻が体の痛みから解放されて霊的世界で幸せにしていることだけを確認したくてそこだけを読んでいました。

 ですから最初のころは「シルバーバーチの霊訓(12)総集編」の中から 妻が幸せにしていることがわかる記述だけを探して読んでいました。
「シルバーバーチは語る」のシルバーバーチの使命、地球浄化の大事業、明日の世界などの章は全く関心がありませんでした。

 これは霊的真理で自分だけが救われればいいと心の奥底で思っていたからです。
「スピリチュアリズムとは霊会主導の地球人類救済計画」などは文字が並んでいるだけでその意味を考えようとも思いませんでした。
ただ 自分が救われればいいと思っていました。

 しかし 「真の救い」とは何なのか?霊訓を読んで慰められていることが本当の救いなのか?
このことを考えた時、スピリチュアリズムの全体を学んでいく必要があります。
「真の救い」を得るためには実践を含めたスピリチュアリズムの全体の理解が必要なのです。

(つづく)

posted by コバチャン本舗 at 06:35| Comment(0) | 関西シルバーバーチ読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。