2015年07月21日

霊界主導の地球人類救済計画「スピリチュアリズムの全体像その2」関西シルバーバーチ読書会

 「スピリチュアリズム」
この言葉の定義を正しく理解している方は少ないと思います。

 私もこの読書会に参加した当初は「スピリチュアリズム」の定義を正しく理解していませんでした。

スピリチュアリズム運動の定義とは「霊界主導の地球人類救済計画」なのです。

詳細は下記の様になっています。

○スピリチュアリズム運動の主役
 ・霊界の人々(高級霊団 中心はイエス)

○スピリチュアリズム運動の目的
 ・地球人類の救済

○スピリチュアリズム運動が起きた理由
 ・地球人類が悲劇の中で苦しみ、不幸でいるから

○スピリチュアリズム運動の計画
 ・霊的真理による救済計画

そして
なぜ 地球人類が悲劇にあっているのかと言うと

霊的無知によって
  ↓
物質中心主義利己主義がはびこる
  ↓
この二つのがんが地球人類に悲劇を起こす
  ↓
・戦争、貧困、飢餓、宗教による霊的牢獄化
 精神の堕落・退廃、動物虐待・環境破壊、
 霊界下層の地獄化

霊的無知から地球人類の悲劇が始まっています。

もし 多くの人々が霊的覚醒をしていると

・霊的覚醒
  ↓(実践)
霊中心主義利他主義
  ↓(拡大)
・霊的同胞世界
 神を中心とする霊的大家族
 地上天国(明るい世界)
  ↓
・人類の救い
  ↓
・スピリチュアリズムの最終目的

 前回、述べました通り、霊的真理への出会いは人それぞれです。
事業に失敗した方 会社が倒産した方 お子さんが亡くなった方 配偶者が亡くなった方などなど。
また 人生ってなんだろう、生きるってなんだろうなどなどをずっと悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

 しかし これはあくまでもきっかけです。
その先のスピリチュアリズム運動に参加することで霊的成長が進み、真の救いを得ることができるのです。

 スピリチュアリズム運動の準備の9割は霊界の人々によって行なわれています。
残りの1割をこの地上界にいる人々が行ないます。
それでは 地上界にいる私たちは実際何をすればいいのでしょうか?

(つづく)

 
posted by コバチャン本舗 at 04:55| Comment(0) | 関西シルバーバーチ読書会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


コバチャン本舗のシルバーバーチ動画読書会



スピリチュアリズム普及会の瞑想・祈りの実践その1・・コバチャン本舗

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その2(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その3(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その4(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その5(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その6(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その7(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その8。最終回(スピリチュアリズム普及会より)

霊的真理から得られる3つの宝・・霊的視野を持つその1byコバチャン本舗

自分の考えを霊的真理に添わせる・・霊的真理を持つその2byコバチャン本舗

霊的楽天性が身につく・・霊的視野を持つその3

習慣化・定着は日常の意識的努力・・霊的視野を持つ4byコバチャン本舗

霊界と霊達を霊的視野からみる祈り・・コバチャン本舗

神・地球を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

地上の出来事・ニュースを霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

まわりの人々を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

自分自身のことを霊的視野からみる祈りbyコバチャン本舗

苦しみ・困難・寂しさ・孤独を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

他人の死、自分の死を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

コバチャン本舗の「魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えること」1

コバチャン本舗の「魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えること」2

魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えることその3

魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えることその4