2017年06月19日

脳死を死の基準とする現代医学「死について8」

脳死は人間存在の終わりではない
第一回姫路シルバーバーチ読書会日曜コース予習

唯物科学
人間の意識や人間性は脳によってつくり出される

脳によって理性ある人格が形成
脳が働いている間だけ人間らしくいられる

“脳死”
脳の機能の停止をもって人間性や尊厳性が消滅

死後の生命の存続を認めない以上
脳の死は人間性と人格の終焉

スピリチュアリズムでは
脳の機能が停止
人間の物質次元の構成要素の1つが不全になったにすぎない

霊的次元では、
知的生命活動が変わりなく続けられている
脳の機能が停止
人間を構成する霊的部分には何の変化もない
霊的部分は依然として肉体部分と一体関係を継続

霊体と肉体を結ぶシルバーコードが切れて、
すべての肉体機能が完全に停止しないかぎり、
人間としての尊厳性・価値は消滅しない

脳が損傷して使えなくなっても
人間(霊)は死んだとは言えない

別の次元(霊的次元)で人間は、しっかりと生きている

ーーーーーーーーーーーーーーーー

お知らせ
第一回姫路シルバーバーチ読書会日曜コース

sp-thought1-0202-02.jpg



日 時 2017年9月17日(日)13時30分〜16時30分
  
場 所  〒672-8052 
     兵庫県姫路市飾磨区玉地一丁目27番
     姫路市飾磨市民センター 第2会議室
     http://himeji-jv.com/shikama/
    

内 容
「死について」

参加費 無料

備考 
下記のPDFを印刷してご持参ください。

死について(1).pdf

(尚 ご準備できない方は参加申し込み時にお知らせください。)

参加ご希望の方は 
yoshiokobakoba@gmail.comまで
前もってご連絡のほど
よろしくお願いいたします。

コバチャン本舗 小林 良夫

posted by コバチャン本舗 at 18:48| Comment(0) | 姫路読書会日曜コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。