2018年05月04日

スピリット・ヒーリングの“2段階の治療プロセス”

スピリット・ヒーリングは、患者やその家族・知人が、地上のヒーラーに治療依頼の連絡をするところから始まります。


demonstration.jpg


ヒーラーが連絡を受けると、その情報は瞬時に霊界の霊医団のもとに伝わります。

地上のヒーラーの背後には、数十人、数百人からなる「霊医団」が控えていて、地上の総合病院のような医療体制が整っています。

地上のヒーラーは、その総合病院の受付係・窓口係のような立場にあります。

ヒーラーが患者からの治療依頼を承諾すると、患者とヒーラーと霊医団の間に“霊的パイプ(霊的通路)”が形成されます。

霊界の霊医団は、地上のヒーラーから治療の要請を受けると、一斉に患者に関する情報収集を開始します。

病気の原因となっている患者のカルマ、患者の霊性、霊体・肉体の体質、精神状態、生活状態といった、ありとあらゆる情報が瞬時に集められます。

時には霊医が患者の所に出向いて“オーラ”を観察することもあります。

オーラには、その患者についてのさまざまな情報が含まれています。



posted by コバチャン本舗 at 19:07| Comment(0) | スピリット・ヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。