2018年10月08日

死後の世界が教える人間観

スピリチュアリズムは、人間が死によって終わる存在ではなく、神の分霊として永遠に生き続ける霊的存在であることを明らかにしました。

そうしたスピリチュアリズムの死生観は、当然「人間とは何か?」というテーマに大きな影響を与えることになります。

スピリチュアリズムがもたらした死生観は、地上人類の人間観に根本的変革をもたらすことになりました。(スピリチュアリズム普及会)



動画3件

@人間は永遠に存在する「神の子供」ー死後の世界が教える人間観


A人間は、肉体を携えた霊ー死後の世界が教える人間観


B人間と人間は、神の愛の絆によって結ばれた「霊的同胞」ー死後の世界が教える人間観


posted by コバチャン本舗 at 04:19| Comment(0) | 死とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。