コバチャン本舗の普及活動

姫路シルバーバーチ読書会日曜コース

西宮シルバーバーチ読書会

ホリスティック健康学栄養学勉強会



YouTube

動画読書会



ブログ

シルバーバーチでスピリチュアリズムを学ぶ

苦しみ・悲しみを乗り越える霊的真理とスピリット・ヒーリング





2016年05月05日

2016年5月、妻の他界から3年たった今

2016年5月、妻の他界から3年たった今




今年の4月28日で妻が亡くなって丸3年になります。

妻が他界してからの年数は私が霊的真理を学んだ年数になります。

妻が霊界で幸せにしているという知識を持ちながら、妻の苦しんでいる時を思い出しては号泣していた1年目。

霊的真理が身に付き、妻のことを思っても悲しくなくなった2年目。

そして 霊的真理は自分を救うためだけのものではないという当たり前のことに気が付いた2年目でもありました。

3年目になって 姫路シルバーバーチ読書会を毎月開いたり、朝、近所のポイ捨てのごみを拾うようにしたりなど利他愛の実践に向けて少しずつ動き出すことができるようになりました。

そして4年目になります。

また さらに自分が変わるような予感がします。


そんなおり

4月に入って九州 熊本で大きな地震がありました。

私は3回の大きな震災を見ることになりました。

平成7年1月の阪神淡路大震災

平成23年3月の東日本大震災

そして 今年平成28年4月の熊本大震災です。

阪神では 6400名の方が亡くなり、東日本では15000名の方が亡くなりました。

亡くなった方に対しては私たちスピリチュアリストがどのように考えるべきか?


それは2000年4月1日 スピリチュアリズム普及会発行のニューズレター9号の

「質問─1・・・天変地異について」に詳しく書かれています。

質問─1

今年1月17日は、阪神大震災から5年目を迎え、被災地では追悼集会が行われました。涙ながらに犠牲者の冥福を祈る遺族の姿を見ると、同情してしまいます。
このように大震災で6千人以上の人々が同時に亡くなるということは、何か共通の原因があったためでしょうか。また多くの人命を一瞬に奪う大震災などの天変地異は、
スピリチュアリズムの立場からどのように考えればよいのでしょうか。


答え

(前略)


さて、現実に被害に遭った人々、特に親族を震災で亡くされた方々の心痛は、言葉に余るものと推察いたします。

離れた所に住む人々も、自分達には難が及ばなかったからといって、それを無関係な出来事として済ますことはできません。

被災された方々に同情の気持を失ってはならないのは当然のことであり、できる限りの援助をすべきです。

しかしスピリチュアリズムに導かれた私達は、それだけでよしにしてはなりません。

自然災害によって人命が失われることは、一般の人々にとっては耐え難い悲惨な出来事です。

誰もが何とか免れたいと考えます。そこには、“死”は人間にとっての最大の悲劇・この世の最大の不幸であるとの前提があります。

しかしスピリチュアリズムの「霊的真理」によれば、死は悲劇ではなく、それどころか喜ばしい時の到来なのです。

従って、自然災害や天変地異に対しての私達の見方は、世間一般の人達とは根本的に異なっていなければなりません。

自然災害によって死ぬことを悲劇と考えてはならないのです。

大震災で亡くなった6400名の方々全員が、現在では、死によって地上の悲しみ・苦しみから解放されています。

地上時代より多くの悲しみを味わい、苦しんでいるという人は、一人もいないはずです。

全員があの世に行って、かつてとは比較にならないほど、楽しく喜びに満ちあふれた生活を送っているのです。

災害の被害者について考える時には、すべてこうした「霊的事実・霊的視点」から見ていかなければなりません。

(残り略)

地上的な常識とは全く違った視点ですね。

しかし これが霊的事実なのでこれをもとに霊的視点で見ていかなくてはいけません。

このように思えるようになるのにこの3年が私にはひつようでした。

そして 今 日本人がシルバーバーチの霊訓によって正しいスピリチュアリズムを普及する役割とこの地震が関連していると私は思います。

この大震災が起こるたびに海外から絶賛されるのが、被災者の利他愛に満ちた行動です。

自分勝手なことはせずに他の人を思いやり、秩序正しい振る舞い。

この民度の高さは私たち日本人としての誇りです。

外国の人たちは「私たちの国では混乱が起きて 日本のように他の人を思いやる秩序正しい行動はできない」といいます。

大震災のたびに日本人の民度の高さが注目されます。

この民度の高さは私たち霊的真理を学んだものからいうと「霊性の高さ」に他ならないと思います。

この「霊性の高さ」を持った多くの日本人に正しい「霊的真理」を普及していくこと。

これが私の役割だと熊本の地震の後につくづく 感じました。

ーーーーーーーーーーーー

2014/04/06 に公開
のお薦めブログ紹介byコバチャン本舗
https://youtu.be/mEW6Z5crE7A


2015/05/18 に公開
2015年5月、妻の他界から2年たった今・・コバチャン本舗
https://youtu.be/iLHmElOB08o

posted by コバチャン本舗 at 00:16| Comment(0) | 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

未熟でも純粋な決意さえあれば・・スピリチュアリストの「道具意識」についてその5(最終回)

 もし 霊的真理に導かれなければ、私は妻との死別の悲しみを乗り越えることは出来なかったと思います。
これは自信を持って言えます。こんなことに自信を持ってどうするんだと思いますが。。。(@^−^)

 私の心の弱さから生活は乱れに乱れていたでしょうね。
とにかく 毎晩のようにお酒を飲んで、いつも酔った状態だったと思います。
もしかするとアルコール中毒になっていたかもしれません。
悲しみの心を紛らす為に飲み屋で歌い、騒ぎ、楽しく飲んでいるようで結局、かえって寂しさを募らせていたのではないかなと思います。

妻が亡くなって数日後、私は「シルバーバーチの霊訓 12」を初めて読み始めました。 
毎日、号泣しては、霊訓を読む。これを繰り返しました。
毎日号泣して、この悲しみからの苦しさについてひとつ解ったことがありました。
妻が亡くなるというこの悲しみ以上の事は私の人生の中にはない。
だったら 私の残りの人生で怖いものは何もないということでした。

そして 妻はがんの痛みから解放されて、霊界で幸せにしているんですよ。
さらに妻とは霊界で再会出来るんです。

霊訓にはこんないい情報が書いてあるんです。
これは酒なんか飲んで遊び歩いている場合じゃありません。
この事は本当なのか 嘘なのか どっちなんだ。
でも こんないい情報を嘘とはどうしても思えません。
霊的真理に出会って、私は霊的真理にすがりつきました。

そして前にも書きましたように私は霊的真理のおかげでどんどん変わっていきました。

妻の他界
 ↓
死別の悲しみに苦しむ
 ↓
霊的真理との出会い
 ↓
霊的真理に救われる
 ↓
霊的真理は自分が
救われるためだけにある
のではないことに気がつく
 ↓
スピリチュアリズムとは
「霊界主導の地球人類救済プロジェクト」
という事を再認識する
 ↓
このプロジェクトに参加しようと決心
 ↓
このプロジェクトに参加するために
霊界の道具になる決心をする

 最近思うのですが、私はスピリチュアリズムに参加する為にこの地上界に来たのかもしれません。
それを思い出す為に妻の他界を体験しなくてはいけなかったのかもしれません。

 そうだとすれば この先の私は「霊界の道具」になることがどうしても必要です。
でも こんな私に「霊界の道具」としての資格があるのでしょうか?
普及会のサイトが大丈夫と言ってくれました。

(ここから)

現実の私たちは、多くの点で未熟さを抱えています。心には、醜い思いがいっぱい詰まっています。自分の清らかさにも、愛の深さにも、自信が持てません。とても立派な信仰者とは言えません。足りなさばかりが目立ち、スピリチュアリストとしての合格点は、もらえそうにありません。

しかし、そうした私たちの未熟さ・醜さは、神はもとより高級霊たちも細部に至るまで知り尽くしています。そのうえで私たちに、「地上の道具」として立つことを期待してくれているのです。私たちは自分の決意ひとつで、高級霊の道具となることができます。「霊界の道具」としての純粋な決意さえあれば、高級霊は私たちをスピリチュアリズムのために最大限に用いてくれるのです。そして自分一人の力をはるかに超えた、大きな働きができるようになるのです。

(ここまで)

ダメ男の私でも「霊界の道具」になりたいという思いを持ち続けることが大事なんですね。

最後の最後に本当の事をこっそり言います。
秘密にしておいてくださいね。
私が「霊界の道具」になりたい本当の理由は妻と再会した時に妻に褒めてもらいたいからなんです。
「良夫ちゃん 頑張ったね。」

皆さん 最後の最後にごめんなさい。m(・ω・m)ソーリィ





posted by コバチャン本舗 at 06:10| Comment(0) | 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

個性のある道具・・霊界の道具スピリチュアリストの「道具意識」についてその4

 霊的真理に出会ってから、多くの霊的同志から霊的成長につながる道を示して頂きました。
多くの方に霊的成長は実践であることを教えていただきました。

霊的視野に立ち、霊主肉従の生活をおくり、利他愛の実践を行い、祈りや瞑想で神との愛の絆を深め、苦しみも自分の成長の為にと喜んで乗り越えていく。

 この事を努力して実践なさっている同志の話を聞くと、霊界の道具になろうと決心した私には良い励みになります。

 道具意識と言うことに抵抗がある方もいらっしゃいます。
「道具」と言うことに「自由意思」も「個性」も無いように感じられるのかもしれませんね。
「霊界の道具」になると決心するのはそれぞれの方の「自由意思」です。
どのような「霊界の道具」になるかを考えるのも「自由意思」です。
普及の出会いの時にどのようにその方にお伝えするのかも「自由意思」です。
そして それぞれの方の「個性」でお伝えすればよいのだと思います。

 ご自分の「自由意思」とご自分の「個性」で精いっぱいの普及をしていけばよいのでしょう。
その結果に対しては霊界の高級霊にお任せすればよいのだと思います。

「道具意識」について私は今 下記のように考えています。

普及のチャンスを霊界から与えていただいたら全力でお伝えする。
質問などに対しても調べて全力でお答えする。
その人に一番良い方法でお伝えする。
ですから お伝えの方法は一人ひとり違ってくる。
その時は道具として自分なりに全力を尽くす。
そして、結果に対しては良いも悪いも高級霊にお任せする。
良い時は自分の手柄ではなく、高級霊の導きに感謝する。
普及がうまくいかなかった時はその方に早く 霊的な時期が来るように祈る。

このように出来るようになりたいと思っています。
とにかく 普及のチャンスをいただいたら自分なりに精いっぱいにお伝えしたいです。
その時は自分の「自由意思」と「個性」を存分に使ってお伝えします。
あとの結果は心を楽にして高級霊にお任せします。

普及会のサイトに自分の戒めとして何回も読む文章があります。

(ここから)

現代人には、自己顕示性やエゴ的な自己主張が共通して見られます。
自分を自慢せずにはいられない、自分をよく見せなければ満足できない、人より上に立たないと気がすまないといった性向が見られます。
スピリチュアリズムが教える「道具意識」は、こうした利己主義や自己顕示性とは正反対のものです。
そのため人々は、道具意識を持つことは人間性を放棄する愚かなあり方であると考えるのです。

しかし実際には「霊的真理」に立脚した健全な「道具意識」は、人間の個性を奪い去るどころか、個々の人間の尊厳性を最も高めることになります。
霊界の高級霊たちは、徹底した道具意識に立ちつつも、最高に個性を発揮しているのです。

(ここまで)

「道具意識」と「個性」の関係を考えていた時、この文章に出会いました。
自己顕示欲が強い私にはとても為になる文章でした。

posted by コバチャン本舗 at 05:47| Comment(0) | 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

奉仕精神、利他愛、謙虚さ・・霊界の道具スピリチュアリストの「道具意識」についてその3

妻が亡くなってから一人暮らしです。
この一人暮らしも2年が過ぎました。

妻が亡くなった当初は一人暮らしを続けていけるのか不安でした。
寂しくて耐えられないのではないかなと思っていました。

会社の人たちは
「小林さん ひとりでなにしているんですか?」とか
「小林さん お休みの日はどうしているんですか?」
などと聞いてきます。
50代で妻を亡くした一人暮らしの寂しい男性というイメージで聞いてくるんだと思います。

しかし、その質問した方には期待を裏切るようですが、今 まったく寂しくないんです。
会社の勤務の為に朝7時に家を出て、夕方6時には家に帰ります。
家に帰ってからは食事や洗濯や掃除に1時間ぐらい時間を使いますが、そのあとはまったく自由です。

その自由な時間を使って、霊訓を読んだり、お祈りしたり、霊的真理に関するブログを書いたりしています。
なんて 恵まれた環境なんでしょう。
霊的世界に自由に入っていけるのです。
ですから 寂しい訳ありません。
この事を会社の人に言っても理解してもらえないので適当にごまかしています。

とにかく恵まれた環境です。
本当に感謝です。

生活も変わりました。
肉食をやめました。
酒、煙草もやめました。
テレビを見る時間が減りました。
音楽はクラシックを聴くようになりました。
会社の人以外のプライベートの付き合いも大きく変わりました。
プライベートな時間に霊的同志以外と会うことはあまりありません。
メールでのやり取りは霊的同志だけになりました。
2年前では考えられない生活をしています。

このような生活をしている私が最近考えているのは
「自分は霊界の道具になれるのか。」
「道具になる為にはどうしたらいいのか。」
ということです。

霊的同志には霊界の道具として頑張っている本当のスピリチュアリストの方がいます。
頭が下がる思いです。
いや 頭を下げるだけではダメですよね、同じように実践しないと。。。

それから お会いしたことはないのですが、ヒーラーの声に書かれているヒーラーさんの真摯な道具意識は本当に素晴らしいです。
これも素晴らしいと思っているだけではダメですよね、実践しないと。。。

スピリチュアリズム普及会のサイトの「超宗教・高次元宗教としてのスピリチュアリズム」では霊界の良き道具となる為に下記のように述べています。

(ここから)

さて、ここで問題となるのは「どのようにしたら霊界の良き道具となれるのか?」ということです。
霊界の道具となるためには、何よりも霊の側が魅力を感じるような、喜んで働きかけたいと思えるような内容を地上人が備えていなければなりません。
厳しい内面性が要求されます。
その内容とは――「スピリチュアリズムの歴史的使命を正しく理解し、そのために高級霊が一丸となって働きかけている事実を知っている」「自らの我欲を捨て去り、ひたすら人類全体の救いのために働きたいとの純粋な奉仕精神と利他愛を持っている」「人類の幸福のために自分を最大限に役立てたいと願い、そのために喜んで犠牲を引き受ける覚悟を持っている」ことです。

 こうした奉仕精神と犠牲精神があるならば、霊達は喜んでその人間を道具として用いようとします。
霊界の道具としての内面的資質が高まれば高まるほど、いっそう多くの霊の援助を引き出し、スピリチュアリズムと人類全体への貢献の可能性が拡大していくことになります。
口先でいくら奇麗事を並べても、霊は地上人の心の内をすべて見通しています。
「奉仕精神と犠牲精神のともなった純粋な道具意識」――スピリチュアリストには、常にこうした内容が期待されているのです。

道具意識の素晴らしさは、自分の力を超えた人類への奉仕・利他愛の実践が可能になるということだけではありません。
道具意識は、私達の心を徹底して謙虚にしてくれます。
“謙虚さ”は、霊的成長にとって不可欠な要素です。
世の中の大半の人々は自我を大切にし自己主張に走りますが、それが結局、本人の心にエゴと利己心を増幅させることになっています。
道具意識は謙虚さをもたらし、心から醜い利己性や低俗な自己主張を取り除いてくれます。
そして霊的成長をスムーズに促してくれます。
「純粋な道具意識」は、地上人に大きな霊的恩恵をもたらしてくれるのです。

(ここまで)

ますは良い道具として高級霊に選んでもらわないといけません。
その良い道具の条件としては奉仕精神と犠牲精神と利他愛のともなった純粋な道具意識。
こうした意識が高級霊から期待されているのです。
そして、忘れてならないのが霊的成長にとっても不可欠な「謙虚さ」。

純粋な奉仕精神、犠牲精神、利他愛を持って謙虚さを忘れない霊界の道具にならなくてはいけないのです。


posted by コバチャン本舗 at 19:43| Comment(0) | 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルバーバーチの悲痛な訴え・・スピリチュアリストの「道具意識」についてその2

 前回も記述しましたように私の霊的真理に対する変化は下記のようになっています。

妻の他界
 ↓
死別の悲しみに苦しむ
 ↓
霊的真理との出会い
 ↓
霊的真理に救われる
 ↓
霊的真理は自分が
救われるためだけにある
のではないことに気がつく
 ↓
スピリチュアリズムとは
「霊界主導の地球人類救済プロジェクト」
という事を再認識する
 ↓
このプロジェクトに参加しようと決心
 ↓
このプロジェクトに参加するために
霊界の道具になる決心をする

「霊界の道具に徹する」ことはまだまだ 私には難しいことですが、どうしても目指していきたいことです。

妻の他界が2年前なので私が霊的真理に出会って、まだ2年もたっていません。

しかし 妻との死別は私の心を揺さぶる大きな出来事でした。
妻との死別が最大の悲しみになるように設定されていました。

2回目の結婚で妻とは本当に楽しく生活していました。
本当に幸せな20数年間を過ごす事ができました。
子供には恵まれませんでした。
実家とは離れた身寄りのない場所での生活でした。

妻が亡くなった時の悲しみの設定は半端ない感じでした。

そんな私には霊的真理以外に救われる道はありませんでした。
今思えば、霊的真理でしか救われることのない悲しみの設定としか思えません。
そして、霊的真理のことしか考えないようになってきました。
そのことを考えて、学んでいくことしか救われる道はありませんでした。

でも 本当に救われる道は霊界の道具意識に徹することだと気が付きました。

道具意識に徹すれば、悲観的な考え方をする必要がなくなります。
自分自身について悩むことがなくなり、大らかに生きられるようになります。
そして 真の意味で救われるようになるのです。

そして私を救ってくれたシルバーバーチの感動的な言葉があります。

スピリチュアリズム普及会のサイトにも書かれている「シルバーバーチの悲痛な訴え」です。

このシルバーバーチの言葉には霊的真理で救っていただいた私には胸が熱くなります

(ここから)

「シルバーバーチの悲痛な訴え」

「しかし忘れないでいただきたいのは、皆さん方のような地上での道具がなくては、私たちも何も為し得ないということです。皆さんは私たちに戦いのための武具を供給してくださっているようなものなのです。皆さんの力をお借りする以外に、地上には頼りにすべき手だてが何もないのです。喜んで私たちに身を委ねてくださる人以外に、道具とすべきものがないのです。
その道具が多すぎて困るということは決してありません。こちらの世界では、使用に耐えられる人物の出現を今か今かと待ちうけている霊がいくらでもいるのです。私たちの方から皆さんを待ち望んでいるのです。皆さんが私たちを待ち望んでいるのではありません。(中略)
もっともっと多くの人材――これが私たちの大きな叫びです。いつでも自我を滅却する用意のできた、勇気と誠意と率直さにあふれた男女――霊力がふんだんに地上世界へ降下して人生を大霊の意図された通りに豊かさと美しさと光輝にあふれたものにするためなら、いかなる犠牲をも厭わない人材がほしいのです。」

『スピリチュアリズムによる霊性進化の道しるべ』(スピリチュアリズム普及会) p.115

(ここまで)

私たち地上界の人間が道具となって協力しなければ、スピリチュアリズム運動はすすんでいかないのです。

posted by コバチャン本舗 at 09:03| Comment(0) | 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


コバチャン本舗のシルバーバーチ動画読書会



スピリチュアリズム普及会の瞑想・祈りの実践その1・・コバチャン本舗

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その2(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その3(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その4(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その5(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その6(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その7(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その8。最終回(スピリチュアリズム普及会より)

霊的真理から得られる3つの宝・・霊的視野を持つその1byコバチャン本舗

自分の考えを霊的真理に添わせる・・霊的真理を持つその2byコバチャン本舗

霊的楽天性が身につく・・霊的視野を持つその3

習慣化・定着は日常の意識的努力・・霊的視野を持つ4byコバチャン本舗

霊界と霊達を霊的視野からみる祈り・・コバチャン本舗

神・地球を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

地上の出来事・ニュースを霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

まわりの人々を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

自分自身のことを霊的視野からみる祈りbyコバチャン本舗

苦しみ・困難・寂しさ・孤独を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

他人の死、自分の死を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

コバチャン本舗の「魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えること」1

コバチャン本舗の「魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えること」2

魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えることその3

魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えることその4