2014年05月14日

愛する妻が他界してこの1年の素晴らしい出会い2


日常生活の中でシルバーバーチなどの霊的真理の話をすることはありません。

続きは
posted by コバチャン本舗 at 05:27| 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

愛する妻が他界してこの1年の素晴らしい出会い1

4月27日に妻の一周忌法要をさせていただくことが出来ました。

続きは
posted by コバチャン本舗 at 05:58| 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

悩みから解放されて幸せな妻

私には私を励まし、導いていただける大好きなブログがあります。

4月20日のブログでは私のコメントに対する、大空さんの返信が私の心を打ちました。

続きは
posted by コバチャン本舗 at 06:54| 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

シルバー・バーチ「肉体の束縛から解放されて、痛みも不自由も制約もない」

シルバー・バーチ「肉体の束縛から解放されて、痛みも不自由も制約もない」

管理人小林良夫の動画です。

他界した妻の幸せを信じるきっかけになったシルバーバーチの言葉を動画にしました。



続きは
posted by コバチャン本舗 at 00:54| 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

亡くなった妻がシルバーバーチに導いてくれた


管理人の小林良夫です。

2013年4月28日 妻が他界しました。享年48歳でした。
2011年10月に子宮頸がんを発見後 1年半で他界してしまいました。

子供なしで22年間の二人暮らしでした。

私の隣にはいつも妻がいて 私の考えていた未来にもいつも妻がいました。

妻は痛みに苦しみながらも取り乱すことなく旅立っていきました。

亡くなって呆然とする日々が続く中 妻は幸せだったのだろうか、と考えるようになりました。

もし あの世があり、今 妻が幸せにしているならこんな素晴らしいことはありません。

そして 妻が今 幸せであることを確信したくて シルバーバーチを学び始めました。

こんな 私と一緒にシルバーバーチを学んでいただければ幸いです。

https://www.facebook.com/norikoeru

妻が他界しなければ、霊的真理に目覚めることはなかったと思います。



posted by コバチャン本舗 at 05:43| 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

妻はカルマの清算するために子宮頸がんになることを自分で決めて生まれてきました

2013年4月28日子宮頸がんで他界した妻のことを考えると
下記の文が心に沁みます。

妻はカルマの清算するために子宮頸がんになることを自分で決めて生まれてきました。
地上界で一時の苦しみを受けましたが、そのおかげでこれから霊界で幸せに暮らすはずです。

下記の文章は何回も繰り返し読みました。


(ここから)


「運命」は生まれつき決定している

再生人生にはいくつかの目的がありますが、その中で一番重要なものが前世でつくった「罪(悪いカルマ)の償い」です。

再生前に本人は、そのための苦しみの体験を希望します。再生人生では、因果の法則に基づいて罪を償うための苦しみが生じるようになります。

このプロセスを地上人サイドから見るなら――「人間は地上に誕生する前から、すでに人生が決まっている」ということになります。

「地上人は、生まれつき決められた運命を背負って人生を出発する」ということになるのです。

地上人の運命は、神の一方的な意志や、先祖の悪業(あくごう)(カルマ)によって決定されるものではありません。

それは自分自身がつくった「カルマ(罪)の清算」と、さらなる「霊的成長」を求めて自ら選んだ結果なのです。


「宿命」としての再生人生の大枠と、現実の人生行路

誕生に先立って自ら選んだ再生人生の運命とは、人生の大きなパターン、人生全体としての枠組みのことです。

その枠組み(大きなパターン)の中で、地上のもろもろの条件・状況、また本人の態度が絡み合って具体的な出来事が決まるようになります。

苦しみが発生する時期も状況に応じて幅があり、細かい部分まで百パーセント人生の航路(実際の運命)が決まっているわけではありません。

しかし再生前に選択した必要な苦しみ・試練は、必ず展開するようになっています。

そうした意味で―「運命の大枠は生まれる前から決まっている」「変えることのできない宿命がある」ということになるのです。

人間は再生に際して、あらかじめ一つの人生行路を選び、その人生では大体こうした苦難に遭遇するようになるということを覚悟して誕生してきます。

しかし自ら選んだ苦しみが実際にどのような形(*人間関係のトラブルや事件・事故など)をとって具体化するのかは、置かれた境遇や社会的背景、また本人の姿勢によって決定されることになります。

このような理由によって誕生前に決められた宿命的人生行路と、生まれた後の現実の人生行路との間には、ある程度の開きがあるのです。

そこで大きな意味を持つのが、人間に与えられた“自由意志”ということになります。


地上の苦しみは一瞬の出来事

苦しみの体験を通して罪の償いと埋め合わせがなされ、新しい霊的自覚を持てるようになると、少しずつ霊的成長の道を歩み出すことができるようになります。

地上での苦しみは、永遠の人生から見ればほんのわずかな期間にすぎません。

その時は確かに苦しいのですが、それがいつまでも続くわけではありません。

霊界における苦しみが長期にわたって続くことに比べれば、大したことではないのです。

霊界では、地上での苦しみの報いとして、その何十倍もの幸せがもたらされるようになります。

“霊界での報い”という確実な保証があることを知れば、地上での苦しみは本当の不幸ではないことが分かります。

こう言うと、必ず次のような反論をする人がいます。

「死後の幸せなど、本当かどうか分かりはしない。そんなものを期待してこの世を生きようとするのは、目の前の苦しみに立ち向かう勇気のない人間・逃避的人間のすることである。

今(地上人生)をより良く生きること、強く生きることが大切であって、死後の保証などという弱い考えを持つべきではない」――これは、いかにももっともらしい道徳的意見です。

しかし、それは「霊的事実」に対する無知から出た無責任な発言にすぎません。

そこにあるのは“自分の意見が正しい”という傲慢な姿勢だけなのです。

もし霊界が本当にあるとするなら、その人は何と言い訳をするのでしょうか。

奇麗事(きれいごと)など、どうでもいいのです。

「現実に霊界があるかどうか」が問題であり、その事実の上に立って、より良く生きることが重要なのです。

苦しみの本当の意味を知ることによって、私たちの心に勇気が湧き、苦しみに堂々と立ち向かうことができるようになります。

そして何よりも大切な「霊的成長」を、より早く達成することができるようになるのです。

(ここまで)

続スピリチュアリズム入門
「第7章 人間の運命について」より


posted by コバチャン本舗 at 21:44| 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

妻と霊界で再会したときに互いに高めあった霊格を確認してみたい

2013年4月28日に22年間、二人暮らしだった妻は
子宮頸がんでこの地上界から去っていきました。

年間に子宮頸がんで亡くなる女性は2500人ぐらいです。

現在 15歳から64歳の女性は約4130万人ぐらいなので、
子宮頸がんで亡くなる女性は1万人に対して0.6人ぐらいです。

妻は1万人に一人に満たない割合で亡くなりました。

この割合を見たとき、私は大きな衝撃を受けました。

この少ない割合から見ると これには大きな意味があると思いました。

妻にはこの世で解消しなくてはならないカルマがあったに違いありません。

私には この時点で地上界で妻と別れ、
霊的真理に目覚めなくてはいけない
約束があったに違いありません。

地上界から去った妻からも導きあったに違いありません。

生前 末期がんの時点で妻の余命は3か月と担当医に言われました。

あの時は私は妻に余命をいう事ができませんでした。

ですから 妻は霊的真理を学ぶことなく地上界から去っていきました。

今 妻は霊界で霊的真理を学んでいるはずです。
体の痛みも苦しみもなく、幸せな状態で霊的真理を学んでいます。

私はしばらくはこの地上界で霊的真理を学んでいきたいと思います。

私と妻と違う場所で互いに霊的真理を学んで、
霊界で再会したときに互いの霊格を確認したいなあと思います。

posted by コバチャン本舗 at 00:16| 管理人小林良夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


コバチャン本舗のシルバーバーチ動画読書会



スピリチュアリズム普及会の瞑想・祈りの実践その1・・コバチャン本舗

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その2(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その3(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その4(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その5(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その6(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その7(スピリチュアリズム普及会より)

コバチャン本舗の瞑想・祈りの実践その8。最終回(スピリチュアリズム普及会より)

霊的真理から得られる3つの宝・・霊的視野を持つその1byコバチャン本舗

自分の考えを霊的真理に添わせる・・霊的真理を持つその2byコバチャン本舗

霊的楽天性が身につく・・霊的視野を持つその3

習慣化・定着は日常の意識的努力・・霊的視野を持つ4byコバチャン本舗

霊界と霊達を霊的視野からみる祈り・・コバチャン本舗

神・地球を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

地上の出来事・ニュースを霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

まわりの人々を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

自分自身のことを霊的視野からみる祈りbyコバチャン本舗

苦しみ・困難・寂しさ・孤独を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

他人の死、自分の死を霊的視野でみる祈りbyコバチャン本舗

コバチャン本舗の「魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えること」1

コバチャン本舗の「魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えること」2

魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えることその3

魂の成長は地上の苦難をプラス思考で乗り越えることその4